お知らせ

2018/11/08
国土交通大臣と意見交換を実施

国土交通大臣と意見交換を実施
山﨑理事長、湯浅副理事長は10月22日(月)に国土交通省を訪問のうえ、石井啓一国土交通大臣並びに北側一雄元国土交通大臣と自転車活用推進法に関する国の姿勢や、当会の自転車活用推進法に係わる活動について意見交換を行いました。

理事長より当会が進めるBAAマーク制度や通学者セミナー、SBAAマーク制度、CYCLE AID JAPAN、マウンテンバイク市場活性化施策などが、同法8条に定められた「高い安全性を備えた良質な自転車の供給体制の整備」や「自転車の安全な利用に寄与する人材の育成及び資質の向上」などといった条文と強い関連性を持っていることをご説明し、これらの活動を引き続き推進していく旨をお話ししました。石井国交相は「協会が前向きに自転車活用推進に取り組んでおられることを大いに評価したい。国としてもしっかり取り組む」旨述べられました。

2018/10/01
Webサイト「教えて!自転車のスゴイ人」が「ENJOY SPORTS BICYCLE」に進化しました。

「教えて!自転車のスゴイ人」は、皆さまからのニーズを踏まえ「乗る場所」「乗り方」「ルール」「メンテナンス」など多岐にわたるコンテンツを備えたサイトへと成長しました。
そして、2018年10月1日からはこれまで情報の大半だったロードバイクに加え、マウンテンバイクに関する情報についても一層の充実を図ってまいります。
サイトの発展を踏まえ「教えて!自転車のスゴイ人」は「ENJYOY SPORTS BICYCLE」へと名称を変更させていただくこととなりました。
これまで以上に魅力的なコンテンツ作りに努めてまいりますので、引き続きご期待ください。

「ENJOY SPORTS BICYCLE(旧 教えて!自転車のスゴイ人)」はこちら

2018/10/01
2018年10月1日よりマウンテンバイク普及に向けた取り組みをスタートします。

当会は平成30年10月1日(月)より、マウンテンバイクユーザー層の更なる拡大を目的とした事業活動を始動致します。

東京オリンピックを控え、スポーツ人口の増加が見込まれる今、レジャースポーツとしてマウンテンバイクが注目されてきています。しかし、日本は国土の2/3が山林というマウンテンバイク利用に適した環境でありながら、自由に楽しむことのできるフィールドが少ないなど、様々な課題があります。

当会は、本事業の方針(下記リンク先をご参照ください)を定め、マウンテンバイクを身近な乗り物として多くの人々に楽しさを実感していただくために、マウンテンバイクの一層の普及に努めて参ります。

本年10月1日からはこの第一弾として、マウンテンバイクの走行環境を確保するために、フィールドを造成・運営する事業者への助成金制度を立ち上げ、公募を開始するとともに、マウンテンバイクの情報を満載したWebサイトを開設し、乗り方から楽しみ方まで魅力ある情報を発信していきます。


本事業の方針はこちら