協会案内

理事長ご挨拶

新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの生活様式に大きな変化を及ぼしました。

自転車はコロナ禍における移動手段として、人との密を回避し、ソーシャルディスタンスの確保に有効でありますことから、昨年来、首都圏をはじめ都市部を中心に自転車の活用が大幅に増加しています。
健康、環境といった観点からも、通勤・通学のほか、レクリエーションやスポーツとしてのサイクリングを楽しむ人が格段に増えるなど、自転車に対する社会的な期待は更に高まるものと思っています。
一方で、依然として一部の粗悪な自転車が流通していることや、利用者の交通ルールやマナーが必ずしも徹底されていないことなど、自転車を巡り解決すべき課題が多くあることも事実です。

このような状況の中、自転車はコロナ禍における「新しい生活様式」の中で欠かせない乗物であり、「自転車活用推進法」でも官民を挙げて自転車の有効利用の推進が図られています。

例えば品質面においては、国として「高い安全性を備えた良質な自転車の供給体制の整備」を進めていくことが定められていますが、当協会が永年にわたり自転車の安全・安心マークとして普及に取り組んできた「BAAマーク」も、その意味合いから普及・浸透の必要性を国に認めて頂いております。

また、この法律は、国、地方自治体、事業者が、それぞれの立場で自転車の利用普及促進に係わる様々な課題の解決にあたるべきことも、求めております。
当協会としては、かかる意味からも、BAAマークに代表される製品の安全性確保という課題に対し、業界団体として真摯な取り組みを続けるとともに、自転車が持つ楽しさ、利便性、健康増進、環境性といった特性と素晴らしさを、一人でも多くのユーザーの皆様にお伝えし、ユーザーの皆様と一緒になって、わが国にサイクリング文化を根付かせていけるように、全力を傾ける所存でおります。

最後に、東日本大震災復興と自転車の有効利用を掲げたCycle Aid Japanも今年で10回目を迎えます。
当協会は、東日本、福島の真の復興が成し遂げられるまで、全力でCycle Aid Japan大会を支援して参りますが、さらに一歩進めて、「自転車は日本を救う」というCycle Aid Japanの理念をサイクリング文化醸成の中心に据え今後の活動に取り組んで参る所存でございますので、引続き皆様のご理解ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年1月
一般社団法人 自転車協会
理事長  山﨑 一

協会案内

一般社団法人自転車協会は、自転車に関わる企業、団体、個人により構成されています。
本会は、自転車の安全性向上と耐久性向上を図り精度の高い自転車を提供すると同時に循環型社会に対応できる製品の開発のため各種事業を行っています。

目的
本会は、安全・安心で環境に優しい自転車の製造、供給、販売を製販一体となって強力に推進することと相俟って、メンテナンスの重要性、交通ルー ルやマナーの遵守、更には自転車走行空間の確保等を広く訴えることで、自転車が持つ本源的な価値である利便性、健康増進、環境性が十分に発揮されるような社会を目指すことを目的とする 。
名称
一般社団法人自転車協会
設立
社団法人自転車会館
設立:(認可年月日)昭和23年2月19日
社団法人機械貿易会館
名称変更:(認可年月日)昭和29年1月26日
社団法人日本自転車会館
名称変更:(認可年月日)昭和33年6月25日
社団法人自転車協会(認可年月日)平成13年4月 1日
社団法人日本自転車会館と社団法人日本自転車協会が統合し名称変更
一般社団法人自転車協会  (認可年月日)平成24年4月1日
社団法人から一般社団法人へ移行
代表
理事長 山崎 一
所在地
   〒107-0052
   東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 9階
   TEL:03-6230-9896
   FAX:03-3588-3230
事業概要
本会は、目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. 安全・安心で環境に優しい自転車普及に係る事業の推進
  2. 自転車等に関する安全性向上のための規格の作成及び標準化
  3. 自転車の安全・安心な利用促進に係る諸事業
  4. 自転車等に関する資源有効活用に係る調査研究
  5. 自転車等に関する生産、流通、貿易、及び消費に係る調査研究
  6. 自転車等に関する技術開発及び利用促進に係る調査研究
  7. 自転車等に関する広報活動及び出版物の発行
  8. 自転車等に関する情報の収集及び提供
  9. 自転車等に関するデザイン保全のための審査及び登録
  10. 不動産の管理及び運営
  11. 前各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業
会員
正会員  104名(平成30年3月31日現在)
特別賛助会員 227名
ディスクロージャー
定款・役員名簿・会員名簿・事業報告書・正味財産増減計算書・貸借対照表・財産目録・事業計画書・正味財産増減予算書
詳しくはこちら