お知らせ

2018/10/01
2018年10月1日よりマウンテンバイク普及に向けた取り組みをスタートします。

当会は平成30年10月1日(月)より、マウンテンバイクユーザー層の更なる拡大を目的とした事業活動を始動致します。

東京オリンピックを控え、スポーツ人口の増加が見込まれる今、レジャースポーツとしてマウンテンバイクが注目されてきています。しかし、日本は国土の2/3が山林というマウンテンバイク利用に適した環境でありながら、自由に楽しむことのできるフィールドが少ないなど、様々な課題があります。

当会は、本事業の方針(下記リンク先をご参照ください)を定め、マウンテンバイクを身近な乗り物として多くの人々に楽しさを実感していただくために、マウンテンバイクの一層の普及に努めて参ります。

本年10月1日からはこの第一弾として、マウンテンバイクの走行環境を確保するために、フィールドを造成・運営する事業者への助成金制度を立ち上げ、公募を開始するとともに、マウンテンバイクの情報を満載したWebサイトを開設し、乗り方から楽しみ方まで魅力ある情報を発信していきます。


本事業の方針はこちら

2018/10/01
マウンテンバイク「フィールド助成金制度」を開始します。

日本は国土の2/3が山林というマウンテンバイクに乗るには適した国です。
ところが、実際にマウンテンバイクに乗れるフィールドはまだまだ少ないのが現状です。

当会は、多くの人々がマウンテンバイクをもっと身近に楽しめるような場所を増やすため、そのフィールド新設、保存、管理、運営に対して経費の一部を助成する「フィールド助成金制度」を設けました。
制度の詳細につきましては下記リンク先をご参照ください。

2018年の応募期間は2018年10月1日(月)~12月31日(月)当日消印有効です。
よりマウンテンバイクに乗りやすい環境を作るために、是非ご応募をお待ちしています。


「フィールド助成金制度」の詳細はこちら

2017/09/21
【リリース】スポーツバイクの点検・整備に関する意識調査

一般社団法人⾃転⾞協会(所在地︓東京都品川区、理事⻑︓渡辺恵次)は全国のスポーツバイクユーザーを対象に、スポーツバイクの点検や整備に関する意識調査を実施いたしました。調査はスポーツバイクを保有する全国20~59歳の男⼥を対象に⾏われ、計500名の回答を得ました。その調査結果から次のようなことがわかりました。

■メンテナンス不⾜による故障トラブル経験者は約7割にも及ぶ。
 にもかかわらず、2人に1人はメンテナンスをほとんど・全くしないことが判明。
■ギアやチェーンの故障など技術的な故障トラブルが原因で、ヒヤリ・ハットを感じた経験者は2人に1人。
 さらに、故障トラブルがある人はない人に⽐べ、ヒヤリ・ハット経験率は2倍近くも高いことがわかった。
■ユーザーの8割はメンテナンスの必要性を感じており、
 故障トラブル経験者の9割近くが、より専門的な知識を持つ店員がいる店舗でのメンテナンスを希望。

より詳しい内容は添付のリリース本文をご覧ください。


ダウンロード